大谷翔平はなぜ賞金を寄付した?いい人とか偽善者とかじゃない本当の理由

エンジェルスのリアルエンジェルとなった
大谷翔平がエンジェルカードの発動!

ホームランダービー獲得賞金
15万ドル(約1650万円)を
球団スタップにプレゼント!ですって

ダービーで一位になったわけでもないのに
この賞金もすごいけど

この注目度の中であえて寄付をする
大谷翔平の腹の中を探って見たくなってしまいました

大谷翔平の記事はこちら↓

関連記事

メジャーオールスターのグッズ売上の 28%を一人で稼ぎ出す大谷翔平 世界が認め熱狂するそのプレーに 立て続けに誤審判定が出されているようです 大谷は投げてもよし 打ってもよし 走ってもよしの 三拍子揃った名プレーヤ[…]

関連記事

世界に誇る日本の至宝といえる才能に加え あのマスク!! 可愛がられる性格 一生懸命で真面目 人柄も二重丸で どこを切ってもパーフェクト!! そんな27歳の超超モテそうな 大谷翔平くん なぜ君は浮いた話の一つもないの?[…]

 

MVPの賞金の寄付の件を追記しました

 

スポンサードリンク

大谷翔平MVP賞金を寄付

大谷翔平選手がMVPをとったことが
新たに報じられました。

大リーグ選手会の関連慈善団体「MLBプレーヤーズ・トラスト」は、選手会選出の年間最優秀選手とア・リーグ最優秀野手を受賞したエンゼルスの大谷翔平投手が、闘病中の子供やその家族を支援する非営利団体「ミラクルズ・フォー・キッズ」に賞金を寄付すると発表した。

フルカウントより

ああまた・・・(T_T)

大谷翔平選手は、
心臓の病気で亡くなった「翔平ちゃん」を
支援していましたよね。

翔平ちゃんのことを想って
今回の寄付を決めたのだろうかと、

胸が熱くなります。

なんて素晴らしいんでしょう!!

なんかもう・・・

人間性が・・・・

と思ったら・・・

選手会の表彰の受賞者は賞金を指定した慈善団体に寄付することが慣例になっている。

共同通信より

おお!

慣例!!

あ、そうですか。
そういう約束というか、決まりみたいなもんですね。

なんかこれですべての答えがでた気がします。

そっか・・・

慣例か・・・

以下の記事は過去の記事となりましたね。

大谷翔平HRダービー賞金獲得

まってまって

HRダービーって何?
HR王とは違うの?

ちょっとお勉強

HR王は普段のシリーズの中で
一番多くホームランを打った人に
与えられる称号で

HRダービーっていうのは
毎年7月にメジャーリーグの
オールスターゲームっていうのが
一晩限りで行われていて

その前日にオールスターに選抜された中から
さらに8人を選抜して

ホームランの本数を競うんだって!

ルールは

4分間に球数無制限で本塁打数を争う。途中1回45秒間のタイムアウトが可能。決勝では1回30秒のタイムアウトが追加される。飛距離440フィート以上のホームランを2本以上打つと30秒間のボーナスタイムが得られる。本塁打数が対戦者と同数になった場合は、1分間のタイブレークが追加される。それでも同数の場合は、時間制限はなく決着が着くまで3スイングずつ打っていく。なおタイブレーク中のタイムの追加や停止はない。               Wikipediaより

選ばれることもすごいことなんですね!
誰が投げてくれるんだろう?
とか思ってしまう・・・

今年の結果は

大谷翔平は一回戦負けじゃん!

本数は打ったのにね
組み合わせ次第では勝てた

とかそういうもんじゃないんですよね
トーナメントですから!

一回戦負けでも1650万円もらえる
さすがメジャーリーグの祭典!!

ホームランダービーの優勝賞金は100万ドル(約1億1000万円)で準優勝は50万ドル(約5500万円)。

!!

こんな遊びで1億1000万円!!

1650万円が
1,650円みたいな気持ちになるのは
私だけですか?

すご〜い
優勝してほしかったですね〜

まあ(まあとかいうな)
1650万円だってすごい金額です

4分バット振って
1650万円ですからね

1スイングいくら稼げる小槌だ?
大谷のバットは打出のバットです

大谷翔平はいい人?偽善者?

「大谷翔平 いい人」で検索すると
めちゃくちゃいっぱいエピソードが出てくる

でもよく見ると
普通よ

  • ゴミは拾う
  • 誰に対しても親切
  • 笑顔で挨拶

少年野球で培った礼儀作法
今でも励行している

偉くなったりお金稼げるようになったりすると
そうでなくなってしまう人がほとんどだから
大谷翔平が称賛されるのだとしたら

むしろそっちが問題なだけで
人として当然の立ち振舞です

もちろんいつでも誰でもできることじゃないかもしれないけど
それはきっと大谷翔平だって同じじゃない?

反抗期には親に反発したかもしれないし
SNSの裏アカでめちゃくちゃ毒吐いてるかもしれない

そこまでいかなくても
調子が悪いときだって
期限の悪いときだってある

にんげんだもの・・・

世間の熱狂と称賛の過熱ぶりに辟易した人たちが
偽善者だなんて言ってみたりもするけれど

偽善っていうほどのことでもない

もし本当に大谷が聖人に見えるなら
あなたの方が問題あるんじゃない?

結局、富と権力を手にしたのにって
ところなのでしょうけど

ほんとよね
麻生太郎とかバッハ会長とか
いやいやほとんどの政治家とか
ヘタしたら県庁職員ですら

勘違いして横柄な態度とる人多いけど

そっちが間違ってるんだと思いますよ!

そういう人にはぜひ見習って
改心して欲しいものです

寄付だってさ
もうお金に困ってない人にとっては
あっても無くても同じだから

偽善とかじゃないですよね

普通にもう十分なんだと思いますけど

ちがいますかね・・・

大谷は賞金の額に関係なく、出場前から球団職員へ贈ることを決めていたという

球団職員こそ
優勝してほしかったでしょうね〜

寄付の本当の理由

ニュースのコメント欄に

以下の方のコメントがありました

 

菊地慶剛 

スポーツライター/近畿大学・大阪国際大学非常勤講師

MLBでこうした風習が根付いているのは確かです。

昨年もコロナ禍でマイナーリーグが中止になってしまい、複数のメジャー選手たちが収入を失った傘下のマイナー全選手にポケットマネーから援助していますし、またシーズン最終日に各選手が年俸額やMLB在籍日数などに応じて、お世話になったチームスタッフにチップを渡すのも習慣化しています。

例えばクラブハウスで働く若手スタッフなどは、ほぼアルバイトと変わらない待遇で、チームから得られる収入もわずかしかなく、選手から贈られるこうしたボーナスが貴重な収入源になったりします。

ただ今回大谷選手が行った行為は、基本的にいわゆる高額年俸を獲得した選手たちが行うもので、臨時収入が入ったとはいえ、まだ年俸調停1年目を終え今ジーズンの年俸が300万ドル(約3億3000万円)の大谷選手クラスの選手が、こうした行為を行うのは珍しいケースだと思います。

高額年俸獲得してないのに!

じゃないでしょ!

臨時収入だし

一流選手のように振る舞う大谷翔平は
既に一流選手ということです

何もおかしいことではありません

日本には寄付の習慣とか
意識がほとんどなくて

寄付することを習慣にしている人はあまりいませんが

アメリカ・・いや海外では
路上生活者にお金を渡す人をよく見ます

コインもしょっちゅう落ちていますが
拾う人のために
あえて落としていくのだと聞きました

日本では見たことがありませんよね
みんなそういう人たちがいないかのように振る舞います

物乞いも成立しません

東南アジアでは托鉢だけで生活している人は
卑下される乞食ではなく
徳の高い修行僧とみなされ

その人達に食事を提供したりすることは
徳を積むことになり
奉仕させていただくありがたい存在です

アメリカで成功し
アメリカで社会貢献すると思ったら

アメリカ方式
アメリカの一流選手の振る舞いから
学ぶ

郷に入っては郷に従え

少年野球とはいいませんが
小学生の時ならったことわざの通り

日本精神のいいところが出ている
大谷翔平くんですね

可愛いわ
おばさんたちの推しになるのも
わかる!

スポンサードリンク

まとめ

そういうわけで
もちろん

大谷翔平は素晴らしい人格者で
100点満点のいい子!

素直ないい子!って感じします

母性をくすぐるタイプ
愛されキャラ

ですね

そういう人が成功して
幸せになれる世の中であってほしいと

子ども達が純粋に憧れるに
ふさわしいスターです

君が笑うと僕も嬉しい

そんな気持ちで
目を細めて
応援しています

最後までお読みくださり
ありがとうございました

関連記事

メジャーオールスターのグッズ売上の 28%を一人で稼ぎ出す大谷翔平 世界が認め熱狂するそのプレーに 立て続けに誤審判定が出されているようです 大谷は投げてもよし 打ってもよし 走ってもよしの 三拍子揃った名プレーヤ[…]

関連記事

世界に誇る日本の至宝といえる才能に加え あのマスク!! 可愛がられる性格 一生懸命で真面目 人柄も二重丸で どこを切ってもパーフェクト!! そんな27歳の超超モテそうな 大谷翔平くん なぜ君は浮いた話の一つもないの?[…]

関連記事

残り2試合でホームラン競争1位から3本差の 大谷翔平 多くて残り8打席で 4本ホームラン! うーん 大谷ならありえなくない? 今日の試合中第4打席で たくさんの黄色い紙飛行機が投げ入れられて 試合が中断するハプニ[…]

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!