ローデス・レオンがムダ毛剃らない理由は?フェミニズムと自己愛はマドンナの影響も!

大坂なおみも奇抜なファッションで登場した
ニューヨークのファッションの祭典
『メットガラ』で注目された

マドンナの長女
ローデス・レオン

ムダ毛処理をしないポリシーで
自慢のムダ毛を披露と

脇毛ボーボーのセクシーポーズを決めていますが

ん?

ムダ毛処理をしないポリシーって何?

あまり日本では聞いたことがない主義主張
世界のセレブの間では主流になりつつあったり
するのでしょうか

流行に敏感な若者の間では
すでに取り入れられているのでしょうか

調べてみました

スポンサードリンク

ローデス・レオンがムダ毛剃らない理由は?

名前:ローデス・マリア・チッコーネ・レオン
英語表記:Lourdes Maria Ciccone Leon
生年月日:1996年10月14日 (21歳)
国籍:アメリカ合衆国
母親:マドンナ(イタリア系×フランス系)
父親:カルロスレオン(キューバ系)
身長:170cm

マドンナは金髪にブルーの瞳
カルロスレオンは黒髪に濃い色の瞳

そんな両親の血を引き継いで
実に美しい娘に成長したローデス・レオン

才能ある音楽家として活躍し
近年はモデルとして世界的なブランドの
広告塔にもなっているようですが

ムダ毛を剃らないポリシーで有名だとか

日刊スポーつより

彼女がムダ毛を剃らない理由について
公言しているわけではないようですが

モデルとしての撮影や
ランウェイで脇毛を隠すことなく
普通に露出してポーズを取ることに対し
様々なアンチコメントが寄せられるわけで

それらに対していちいちコメントもせず
意に介さないという立場をとっているようです

とりあえず世界的に
脇毛ボーボーが美しいという
美意識に変わっているわけではなさそうだし

ローデス自身もそれ自体を
美しさの象徴として
アピールしているわけではないようです

それがわかってちょっとホッとしました

ローデス・レオンが脇毛を美しいとまでは言っていませんが
あそこまで堂々とした態度で
我道をゆく姿勢を貫くことによって

これはファッションか?

みたいな気もしてきます

マドンナもレディ・ガガも
強烈な個性を発揮して
そのファッション性を確立したわけで

やっぱくるかな・・・

ボーボーの時代が・・・

それがかっこいいってなる時代が
来てもおかしくない気がしてきました

ムダ毛剃らないフェミニズムと自己愛

ヨーロッパ特にフランスを中心にこの
ムダ毛を剃らないという主張は

「剃らない自由」と表現され

様々な側面があります

女性解放運動

女性に押し付けられた価値観というか
美しさの象徴として女性にとっては苦痛や不便を感じることに
抵抗しようという風潮が出てきているのは確か

それは
「ハイヒールは女性の義務なのか」との論争が
世界中に巻起こったのと同じ潮流のようで

ま、たしかにめんどくさいし
やらないでいい社会の雰囲気になったら
女性はずっと楽になるとは思います

中国の纏足
かつては女性の美しさの象徴でしたが
現在では廃れてなくなった価値観

ムダ毛処理も同じく
女性に苦痛を不便をしいている習慣として
廃されて行くのかも知れません

ありのままを受け入れる

 

ヘルシーで知的な美貌が人気のフィットネスブロガー、モーガン・ミケナスは長年に渡って来る日も来る日も剃って暮らしてきた。しかし、ある日決意の元にムダ毛の処理をやめてみたら、日に日に気持ちが解放され、自分の体をポジティブに受け入れられるようになったのだという。

SUPRjpより

ありのままの自分の体を受け入れるムーブメント
は年々拡大しているのは
日本にいても感じるところではあります

今回のオリ・パラ大会でも
そういったコンセプトを感じました

みんな違ってそれが自然

みたいな

毛をそっても剃らなくても
いいじゃんね

自分の体をポジティブに受け入れるって
とっても大事なことです

脇毛やすね毛があることで
自分に自信が持てなかったり
恥ずかしい気持ちになったりするのは

本来必要のないネガティブな捉え方です

確かに
確かにそうだ

母・マドンナの影響

でももともとヨーロッパのムダ毛に関する意識は
アメリカや日本と違い
それほど処理していないことが
恥ずかしいことではないようで・・・

だって毛の色が薄く
肌の色に近いために
それほど目立たないからで・・・

マドンナもヨーローッパ系の色素であり
文化や価値観もそちらよりで

ムダ毛の処理はしていないと
公言していて

度々脇毛をパパラッチされています

instagramより

顔の産毛は生えていそうですが
やっぱり毛の色が薄いというのが
大きいと感じてしまいます

まあでも剃っていない毛が
目立つか目立たないかの話ではないんでしょうね

剃らないポリシーってそういうこと

女性としてあるがままの身体に自信を身につけさせたいとの理由から、ムダ毛の処理をしないよう教育している

日刊スポーツ

教育の成果だったか・・・

いくら親に言われても
学校の友達に影響されそうなものですが
そこはやっぱりマドンナだからなのかしら

スポンサードリンク

まとめ

ムダ毛を剃らないポリシーって何!?

と始めは

ちょっと意味分かんないんですけど

って思いましたが
よくよく聞いてみれば

まあこれも最先端というか
原点回帰というか

これも一つの時代の流れ

なのかも知れません

ありきたりの
既存の
当たり前と思っている価値観が

一つ一つ壊されて
新しくなっていく

そういうことなんでしょうね

いやホント・・・

剃らない自由

バンザイです

最後までお読みくださり
ありがとうございました

 

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!