神田正輝と松田聖子の近況と今後の仕事はどうなる?芸能界引退の可能性は?

2021年12月18日。

長女であり一人娘である沙也加さんを亡くした
俳優神田正輝さん。

今日は彼女の遺体と対面するために
札幌入りしたことが報じられました。

突然の訃報に日本中が衝撃を受けましたが、
一番ショックを受けているのは、
ご両親である神田正輝さんと松田聖子さん。

お二人の現在予定されているお仕事と近況を調査しました。

神田沙也加さんの近況はこちら↓

関連記事

札幌のホテルで転落死が報じられた神田沙也加さん。 35歳の若さで、数々の舞台でも輝いていただけに、 このニュースを信じられない思いでみていました。 当日も主演舞台があって、 直前には父である神田正輝さんとも 電話していたそう。[…]

スポンサードリンク

神田正輝の近況

スポニチより

名前:神田 正輝 かんだ まさき
生年月日:1950年〈昭和25年〉12月21日(70歳)
出身地:東京都
身長:178cm

神田正輝さんはかつての石原プロモーションの所属。

故・石原裕次郎に可愛がられ、彼を慕い長い間俳優として活躍していました。

1987年に石原裕次郎が亡くなり、
2020年に渡哲也が亡くなり、
石原プロモーションが解散した後、

新事務所を立ち上げた舘ひろしさんとは対象的に
神田正輝さんは芸能事務所に所属せず、フリーとして活動してます。

そうはいっても個人事務所もなく、

公式サイトもなく、新しい仕事を受ける気は無いようで、

現在の仕事はは1997年から続いている
生放送番組『朝だ!生です旅サラダ』のメインMCの仕事のみ

 

長年司会を担当している『朝だ!生です旅サラダ』のギャラが1本80万円とされており、月に320万円の収入で十分にやっていけるとの理由と、また加齢により台詞を覚えられないとの本人の事情もあり、石原プロ解散後は俳優業はほぼセミリタイアの状態にある。

Wikipediaより

神田沙也加さんが亡くなった12月18日にも
同番組の生放送に出演していて、放送終了後に、
沙也加さんから電話があったとも報じられています。

その直後に沙也加さんは帰らぬ人となったようで、
神田正輝さんのお気持ちを考えると胸が痛みます。

神田正輝の今後の仕事

公式サイトより

今後の仕事といっても、土曜日の生放送『朝だ!生です旅サラダ』のみ。

次は12月25日の放送となりますが、現在のところ
番組HPに変更のお知らせはありません

が、

生放送ですし、精神的に負担が大きすぎます。
25日は神田正輝さんはお休みになるでしょう。

予定通りに出演なさることが発表されました。(追記)

明るい爽やかな旅番組ですので、
共演者の方々もカメラの前で笑顔を作らなければならないのはとてもつらいでしょうね。

さらに今後のことを考えても、1997年から15年近くMCだったわけで、
神田正輝さんを降板させて番組が続くとも考えづらいです。

旅サラダファンも多いですから、
同じ枠で別の旅番組になるでしょうか。

そして神田正輝さんは、『旅サラダ』だけでも生活には困らないとのことですが、
仕事をしなくても、困らないくらいの蓄えがあるのではないでしょうか

それでも仕事をしている方が気が紛れるということもあるかもしれません。

70歳で、こんなに悲しいことになってしまって、
すぐにカメラの前に立たなければならないようなことはないと思います。

決して無理せずに、ゆっくりとお休みしてほしいです。

追記
25日の旅サラダに予定通り出演するそうです。
火葬にきちんと立ち会うことが出来て、早くも「否認」のステージはクリアしたということなのでしょう。
それでも、癒えぬ悲しみを抱えても、仕事に向かう。
プロフェッショナルですね。
神田さんの決断を見守り、サポートしていってくれる人がいるのでしょうね。
心から応援します。

 

スポンサードリンク

松田聖子の近況

公式サイトより

名前:松田 聖子 まつだ せいこ
生年月日:1962年3月10日(59歳)
出身地:福岡県
身長:160cm

松田聖子さんは2020年にデビュー40周年を迎えた、
現役のアイドルです。

新型コロナウィルスの影響で出来なかったのがやっとできるようになり、

12月19日にグランドプリンスホテル新高輪で予定されていた
ディナーショー

12月23日〜26日にホテルニューオータニ大阪で予定されていた
クリスマスディナー&コンサート

中止されました。

 

2022年4月9日追記
キャンセルになったディナーショーの振替公演として、
本日東京・グランドプリンスホテル新高輪で
ディナーショーを開催し、復帰しました!

4ヶ月足らずの活動再開で、涙を抑えられなかったそうです。
もっと休んでもいいのに。

 

そして12月31日には
NHK『紅白歌合戦』に25回目の出場が決まっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e52aa5067098112db19b6bbeea7f5c80db8bf2ff

紅白歌合戦も生放送ですから、
カメラの前に立つ松田聖子さんを思うと
涙がでてきてしまいます。

四十九日も過ぎない段階で、
誰もそれを望んではいません。

無理しないでほしいです。

追記
紅白歌合戦への出演は正式に辞退されました。
責任感から無理して出場するとの話もありましたが、
責任感から周囲に迷惑がかかると辞退されたそうです。ただ、わがままになってもいいのに。
ご自愛下さい。

松田聖子の今後の仕事

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

続・40周年記念アルバム 「SEIKO MATSUDA 2021」 [ 松田聖子 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/12/21時点)

楽天で購入

 

 

 

2020年と2021年は40周年ということもあり、
2年連続で

  • ニュー・アルバム

をリリースしています。

歌手としても人気が衰えていないので、
ファンの期待
個人事務所とはいえ、社員の生活もありますし、

どこまでお休みできるのかが心配です。

松田聖子さんは人一倍責任感が強いとのことですが、
誰しもが、聖子さんの心に寄り添いたいと願っているはずです。

無理しちゃだめですよ。

 

 

2人の芸能界引退の可能性は?

それは、2人が今後悲しみのプロセスをきちんと踏んで、
立ち直っていくかどうかにかかっています。

無理に気丈に振る舞ったり、
悲しみを封じ込めたり、
平気なふりをしたりするのは逆効果なのです。

その理由はいかに示します。

今後の2人に訪れる悲しみのプロセス

昔から子供が親よりも先になくなるのは
『逆縁の不幸』といって

その死を受け入れられない親は、とてもつらい思いをします。

悲しみを受け入れられずに、火葬やお葬式にいくことが出来なかったり、
気持ちの区切りをなかなかつけなかったりします。

これから起きる心の変化を本人たちも周囲の人達も知ってほしいと思います。

それは

キューブラー・ロスの「悲しみの5段階」

「悲しみの5段階」とは、ドイツの精神科医であるキューブラー・ロスが確立した精神プロセスです。ロスは200人もの末期がん患者と面会し、死を告知された本人や家族がどんな精神的段階を経ていくのかを明らかにしました。5つの段階について、詳しく解説しましょう。

否認

まずは、死を否定し、受け入れないという心の動きがあります。具体的には、告知された本人は告知を受け入れられず、家族は亡くなった人の部屋を片付けられない、火葬できないができないなどといった事態が発生します。

怒り

次に、「どうして自分だけがこんな目に合うのか」「自分がもっと適切な対応をしていれば、死ぬことはなかったのでは」など、他人や自分、運命に対して怒りがこみ上げてきます。実際に怒りを他人にぶつけることも、少なくありません

・取引

取引とは、「何とか死を免れたい。そのためなら何でもする」などと、神仏にすがる段階です。スピリチュアルに没頭する人もいるようです。

抑うつ

何をしても死という現実から逃れることはできないのだと感じると、希望をなくし、抑うつ状態に入ります。どんなことをしても楽しいと思えない、何にも集中することができないといった時期が続きます。


受容

悲しみを感じながらも、最終的には、死を受け入れていきます。そして次第に日常生活ができるようになっていきます。また、家族も思い出とともに愛する人の在りし日の姿を振り返ることができるようになっていきます。

働く人のこころラボより

この過程には長い時間を要します。

症状も行ったり来たりして、受容できたと思っても、
また抑うつや怒りが戻ってくることもあります。

こんな専門的なことを持ち出さなくても、
そう簡単に笑顔の日々を取り戻すことが出来ないのは
容易に想像がつきます。

皆が優しいまなざしで見守っていくことが
とても大切です。

芸能界引退も、考えたっていいと思うし、
また活動したくなったらできるといいですね。

もうひとり同じ悲しみを共有している人がいます↓

関連記事

12月18日に亡くなった神田沙也加さんと 交際していたことを公表した前山剛久さん。 結婚も間近だったとも言われていて、 前山さんのショックは計り知れません。 一部報道では沙也加さんの死亡の原因が 前山さんにあるかのようなも[…]

関連記事

神田沙也加さんの死の直前に前山剛久さんが 「死ね」と暴言を吐いていた音声のデータが、週刊文集より公開されました。 内容はかなり辛辣で、神田沙也加さん、ご両親の気持ちを思うと言葉になりません。 また、前山剛久さんが現在どんな気持[…]

スポンサードリンク

まとめ

今はまだ娘の死を受け入れられない「否認」と
自分や、運命、周囲の人たちに対する「怒り」

の段階です。

この後は「抑うつ」

当たり前です。

あまりにも悲しすぎる。

二人の心痛が癒える日が
一日でも早く来ますように
お祈りしています。

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

神田沙也加さんの近況はこちら↓

関連記事

札幌のホテルで転落死が報じられた神田沙也加さん。 35歳の若さで、数々の舞台でも輝いていただけに、 このニュースを信じられない思いでみていました。 当日も主演舞台があって、 直前には父である神田正輝さんとも 電話していたそう。[…]

■「日本いのちの電話」 ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時) フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!